解放の時

未熟者が日常のできごとを書いています。内容によっては、少しでも社会が良くなれば、という思いも込めています。大した人間ではないので大したことは書けません。暇潰しに寄っていただければ。

乗り気でない女子たち

私が行っているジムには、老若男女 大勢の人でにぎわっている。

 

今日は、とある若いカップルの姿があった。

もしかしたら、夫婦かもしれない。

このジムでは 初めて見かけるカップルだ。

 

男性の方はアラフォーぐらい、女性の方はアラサーかな。

とくに、女性の方は なかなかの美人で、特別 素敵なウェアを着ているわけではなく、ごくごく普通の地味な服装をしていたが、それでも人の目を引く美人さんだった。

 

で、何をするのかな? と思って、合間に二人を見ていたら、とくに何をするわけでもなく、何しに来たんだろ? というようなダラダラとした調子だった。

 

それはそれで、ご自由で全く問題ないし、好きなようにすればいい。

日頃の疲れもあるだろうし、体調の具合もあるだろうし、ジムを どのように どのようなペースで利用しようが、全く おかしくもない。

 

でも、私個人としては、女性の方は、若くて せっかくの美人さんで、せっかくジムに来ているのだから、もうちょっと 体を動かせばいいのにな、と思った。

 

なぜ そう思うかと言うと、

 

実は、私も 少し前まで 彼女がいて、美人だった。

彼女は、10代の頃こそスポーツをしていたようだが、体を動かしたり、ジムに通ったりするのは あまり好きではなかった。

私が熱心にジムに通っているものだから、1度 一緒に行ったときもあったが、やっぱり つれない様子だった。

一時期は痩せていたものの、すぐ太り気味になっていった。

美人なのに もったいない、と何度 思ったことか。

 

ほかにも、大学生ぐらいのカップルが来ているときもあって、ジムに来る女の子にかぎって、可愛らしい女の子だ。

で、彼?の方は 多少勝手を分かっているようで、女の子に教えはするのだが、女の子の方は全く乗り気でない。

 

分かる、よく分かる。

しんどいことなんて したくない。

なんで、こんなこと しなきゃならないの?

プレッシャー、みたいな感じ、よく分かる。

 

でも、男子の方は どうでもいいが、せっかくの美人さん、可愛らしい女の子なのだから、もっとキレイにカッコよくなるのに、と思ってやまない。

もちろん、ジムに通わなくても体型を維持することはできるし、維持している人もいるが。

 

ジムに行ったら、 よく歩いて、走って、エアロバイク?をこいで、汗を流して、ストレッチして、な女子も大勢見かける。

何て言うのかな、すごく健康的に感じる。

その上で、体型を維持していたら、なんか とても素敵に感じる。

なんか 気持ちまで 明るい感じがする。

 

まあ、これは 私 一個人の勝手な思いなので、正解とか 不正解とかではなく、ただ単に、もっと健康的にfitnessする女性が増えてくれたらなぁ、という気持ちだ。

 

ちなみに、私はフィットネスジムで働いている人間ではないし、ジムのまわし者でもない。

 

 

 

熟年fitness!

私の通っているジムには、大勢のオッチャンとオバチャンが通っている。

 

皆さん、若者顔負けのウェアを着こなし、躍動している。

 

若者は、自分に自信が無いのか、モッサイ服装で運動をする子が多い。

オシャレでカッコいいウェアを着ているのは、ある程度 自信がある子だけのようだ。

 

オッチャン、オバチャンは関係ない。

オシャレなデザインだったり、体のラインがハッキリと出るものだったり、肌の露出が多かったりする。

そのあたりから、最近のオッチャン、オバチャンは一味違う。

 

そして、思い思いに、運動を楽しみ、適当にトレーニングしている。

その適度でユルい感じが 実にイイ。

 

ストレッチエリア付近では、曲芸師のように体の柔らかいオッチャン、1人でリズムを取りながステップを踏んでいるオッチャン、美熟女を間近でジロジロ見ているオッチャン。

 

ランニングマシンでは、しっかり歩いておられる。

どこを全力疾走するための練習なのか?というほど、満足いくだけ全力疾走しているオッチャンもいる。

 

白髪のいい年の人だが、タンクトップを来て、筋トレエリアに来るオッチャンや、なにやら かなり腕の太い寡黙なオッチャン。

 

オバチャンだって負けてはいない。

なかなか熱心に優酸素運動をこなしている。

 

皆さん それぞれに 適度にユルい感じが、なんかイイ。

 

もちろん体調が良く、時間を取れる人々なわけだが、

運動をするって健康的だ。

 

昔、ある知り合いに、「筋トレなんかしても、なんにもならんぞー」とバカにしたような事を言う青年がいた。

そいつは頭が悪い人間ではなかったが、小柄なヤツだったから、コンプレックスがあって、そんなことを言ったんだろうな、と私は勝手に思っているが、いずれにしても物知らずな発言だ。

fitnessにはメリットだらけだ。

 

私も、かなり年をとってからも、引き続き 健康を保つために、fitnessを続けたい。

 

 

微笑ましいオッチャン

筋トレのカテゴリーながら、自分のトレーニング内容については一切書かないという状態ではあるが、まぁ 誰にも迷惑がかかっていないだろうし、フィットネスジムの様子~ こんなこと、あんなこと~、と思って、暇潰しに読んでくださったら、と思うところだ。

 

フィットネスジムに通っている人なら、似たような経験をされているかと思う今日の話題は、必ず1人はいるエロオッチャン。

 

エロオッチャンは言い過ぎだな。

まぁ 男性あるある だなぁ、と可愛らしくもあるオッチャン。

 

私の通っているジムには、フィットネスに いそしんでいる熟女様が 大勢いらっしゃっている。

 

その中の常連さんで、とある熟女さんは、色白でスタイルがビシッとされている人だ。

 

自信があるのだろう、上半身は、胸の上あたりは、かなり露出しているウェアを着ていて、下半身は、ピタッとした脚のラインがハッキリと出るウェアを着ていてる。

 

遠目から見ても、あっ キレイな人だ、と すぐに分かる雰囲気の熟女さん。

 

ジムの男性スタッフに、必ず声をかけて、雑談をする。

他愛もない話で、まぁ その様子が、これ見よがしな感じの熟女さんだ。

 

そして、顔見知りのオッチャンらとも気さくに話をする。

 

ストレッチエリアでも、またまた これ見よがしな感じで、ストレッチをする。

まぁね、確かに 美しい姿ですわ。

 

それもあってか、とあるオッチャンは、一緒に雑談をしながらストレッチをするふりをして、これ見よがしにストレッチをする熟女さんを、間近で ジロジロ見続ける(笑)

もうね、同じ男性だから、分かるんだわ(笑)

 

もう下心丸出しの一歩手前な感じ(笑)

 

まぁね、オッチャン、 気持ちは分かる、よく分かるよ。

 

私だって声かけたいもん(笑)

 

あっ、ちなみに 私は その熟女さんとは一度も話したことがない。

 

 

 

未婚者は変人ばかり?!

職場シリーズが早くも復活してしまう。

 

皆さんの周りにも、いらっしゃると思うが、

私の職場にも、これまで結婚の経験がない男性がいる。

その人の話によると、そもそも結婚をしたい と思うことが一度も無かったそうだ。

実は、私も その1人だ。

 

ある時、とある年配の男性Aさん(還暦、既婚者)が、その彼に、「ずっと結婚してこなかった人に 普通のやつは いなかった。大概 変な人が多い。」と、平気な顔で言うのだ。

 

たしかに、Aさんの周囲には、未婚者は変人ばかりしかいなかったかもしれないが、彼を前にして言うのは どうかと思う。

Aさんは 悪い人ではないことは知っているが、配慮に欠ける発言だなぁ…と 聞いていて よい気はしなかった。

そこは、やはりハッキリとモノを言う還暦世代だなぁ、と感じた。

 

ただ、Aさんは彼のことを嫌っているわけではなく、むしろ好印象を持っているし、それは彼も知っているので、あえて 他人事として言ったのかもしれない。

 

しかし、そもそも 必ずしも未婚者が変人とはかぎらない。

未婚の選択は、諸事情により発生するものだし、これは 安易な意見であり偏見を生む。

 

ただ、私の場合は どうか?と言われれば、たしかに変人かもしれない(>_<)

自虐的になるが、まともな人生を歩めていないし。

何が まとも か?  の答えは人それぞれだけれど。

 

では、既婚者の3組に1組は離婚する この時代であるわけだが、離婚する人間は変人ではないのか?

と、なると、それについてはAさんは触れていない。

ちなみに、娘さんがバツイチで家に戻ってきたそうだ。

少なくとも、Aさん いわく 未婚者は変人らしい。

 

まあ、私は 今後とも その変人を、堂々と貫くつもりで おりますが。

 

これ以上、なかなか まともには なれませんので。

 

おしまい。

 

外見の優先度

私は 現在1人者だ。

 

ふと最近、 あらためて、 お付き合いするなら 自分は どういうタイプの人がいいのだろうか、ということを考えさせられる機会があった。

 

これまでは、相手に求める外見の優先度は決して高くない、と思っていた。

中身さえ こうであれば、と 自分に言い聞かせているところがあった。

 

だけれど、自分の心に正直に言うと、 外見は大切だ、と再確認させられた。

 

中身が こうでさえあれば、というのがあっても、正直言って、外見に対しても 好き嫌いをしてしまう。

 

これは おそらく 多くの人が、男性 女性に関わらず 思うところだと思う。

 

別に、ものすごい美人とか、可愛いとか、整っている、とか そんなのでなくていい。

むしろ、人造人間みたいな人は ちょっとなぁ…、と感じる。

 

それ以上に、特に見てしまうところは、太っているか、いないか だ。

なんて言えばよいのだろう、人としては別の視点で見れるのだが、太っている人に対しては異性としての魅力が全く感じられないのだ。

 

太っている人が読んだら気を悪くされるかと思うが ご容赦願いたい。

私個人としては、恋愛したいなら、やはり 太っている人は標準に痩せた方がよいと思うし、恋愛が成就する可能性がグッと高まると思う。

これは、僭越ながら、応援の意味も込めて言っているので悪しからず。

 

実際に、私の身近で、太っている人が痩せたら、見違えるほど麗しい姿になったり、

逆に痩せている人が太ったら大変醜くなってしまった、という例を見てきた。

 

それだけで、その人の印象が大きく左右されると思う。

 

ふと、そんなことを考えさせられた。

 

自分も人に言うからには、そこは気を付けることができている。

 

 

 

 

筋トレマニアのオッチャンや駆け抜けるオッチャン

雨なので、人は少ないかな、と勝手に思っていたけれど、まずまずの人が来ていた。

いや、逆に雨だから来るのか?

 

そのあたりは不明だ。

 

今日は、いつもの、 トレーニング好き というか、トレーニングすること自体が趣味の年配のオッチャンも来ていた。

 

オッチャンの名誉のために書いておくが、気さくな人柄で、良く言えば世話好きで善良な人だ。

 

でも、私としては、あまり いろいろと話しかけてこられたり、聞かれたりするのが嫌なので、オッチャンが来る曜日と時間帯を避けていたところもあるが、今日は仕方なく重なった。

それはそれで 割りきっている。

こういう自分が ちょっと嫌いだ。

 

今日は いつもの連れのオッチャンらは不在で、このオッチャンは1人黙々とトレーニングしていたようだ。

 

このオッチャンほど この年齢で 熱心にトレーニングをしている人は、そうそう見かけない。

 

目的すら、いまいち よく分からない。

 

若い時からトレーニングしていたようで、以前に病気をされたそうで、リハビリついでに トレーニングを また始めたようなことを聞いているが、詳しいことは知らない。

 

なにかの映画に出てくる なぞのオッチャンみたいな感じだが、どの映画の どの登場人物か と言われたら、うまく言えない。

すごい歴史を隠してそうにも見えるし、ただの近所のオッチャンにも見える。

 

たずねようと思えば いくらでも たずねられるが、考えてみれば、そのあたりは、たずねたことがないな。

 

今日は トレッドミル(ランニングマシンです)もやったが、私の2つ隣りで、どこを全力疾走するためのトレーニングなんだ? というくらい 全力疾走しているオッチャンがいた。

 

前にも 私の隣りで、別のオッチャンが さらに すさまじく全力疾走していた。

 

別のジムにも、全力疾走のオッチャンがいる。

 

オッチャン界隈で 全力疾走が流行っているのかもしれない。

 

 

春眠暁を覚えず

と言いたいところですが、朝方の眠気が いつになく強いのは、春の暖かさのせいなのか、花粉症のお薬のせいなのか、はたまた 疲れが出ているのか、寝不足なのか、そのあたりはよく分かりません。

 

今日は、雨だったのですが、歩くことは苦痛ではないので、傘をさしながら、いつものフィットネスジムへ テクテク向かいました。

当初は ジム遠征を予定していましたが、都合上、今回は取り止めました。

 

少し風が強いのが気になりましたが、傘をさすのを諦めている人もいる中、なんとか傘をさし続けた次第です。

 

って、これ、なんの報告だ? (-_-;)

 

こんなブログ むしろ 迷惑です(__)

 

ブログ名も第一次変更し、おそらく、そのうち また変えると思います。

まあ、変えようが変えまいが、誰の迷惑にもなっていないであろう、ということで、勝手にさせていただきます(笑)

 

こんなブログでも、人情、根性をもってして、見てくださる人がいることは、ただただ恐れ多いことで、いつも書きながら、恐縮しております。

 

でも、もしかしたら、皆さまの暇潰しに、あるいは  ここに この程度の人間がいる、という勇気付け  に なれば、大いに お役に立てているわけで、私としても感無量です。

いつもありがとうございます。