とある港町の生活

日常の振り返りのために利用している個人的な日記です。有益な情報はありません。

人付き合い

今日も港町の沖にドブニカエル号の異様な姿を見ることができる。 出稼ぎ先の幽霊船である。 私は幽霊船ドブニカエル号では、プライベートで交わる人を作らないようにしている。 もともと人付き合いが好きではない上、単純に時間を取られてしまうからだ。 先…

あれこれ

今日は天気が悪かったが、午後から ほんの少しだけ足を伸ばして、久しぶりに千葉の親戚宅まで行き、様子をうかがってきた。 あまり長居はしなかったが、お互いの近況話に花が咲いた。 コロナウイルスが流行しているので、東京駅などをはじめ、人の出が多い所…

電気ウナギ女100万ボルトの存在感

関東の とある港町。 今日はあいにくの雨で、広く霧がかかっている。 その霧の中を、不気味に顔をのぞかせている帆船が見える。 なんというボロボロの帆船だ。 そして不気味だ。 そう、港町の多くの人々に知れ渡っている幽霊船ドブニカエル号だ。 最近ようや…

いらない夢

夜中にワケのわからない夢を見て、朝起きても しばらく覚えている。 なにやら電車に乗っている。 ときに乗り換えをしながら。 雨が降る中、僻地か田舎か分からないが、簡素な集会所みたいなところへ、大学生らしき人らと共に向かう。 小芝居を見ていたのだろ…

今日も個性派が続々と。

日々 私が通っているフィットネス・ジム「港町の井戸端クラブ」には、老若男女が港町の各方面から、井戸端チックに そそくさとやって来る。 私は、近頃 最近までは思いもしなかった春色めいた桜色の思いもしながら通っているが、もったいぶって日記には書く…

アルバイトのスタッフ君たち

日々 私が通っているフィットネス・クラブ「港町の井戸端クラブ」には、アルバイトのスタッフが入れ替わり立ち替わり入っている。 ときに受け付け、ときにトレーニングエリアでボーッとしている。 ジムで働くということは接客業である。 「港町の井戸端クラ…

外国人トレーニーたち

日々 私が通っているフィットネスクラブ「港町の井戸端クラブ」には、海外からの個性派名物トレーニーたちも少なからず出没する。 常連アジア人 Mr.あんころ餅 は、常にスマホをいじっている超スマホ依存性だ。 更衣室で着替えているとき、トレーニングエリ…

雑談四季出身のアライグマ男

関東の とある港町から、多くの船乗りたちが出稼ぎに通う幽霊船ドブニカエル号。 とある船室に 雑談四季出身のアライグマ男 という乗組員がいる。 わりと新参者であるが、遠慮もなく、雑談ばかりする。 決して悪い人間ではないのだが、とにかく四六時中、雑…

やじろべえの旦那

関東の とある港町の沖を眺めると、かの有名な幽霊船ドブニカエル号が漂っている。 港町から、はたまた離れ島から、多くの船乗りたちが出稼ぎに通っている。 わりと最近 新しく乗り込んできた中年の男性 やじろべえの旦那 と言う船乗りがいる。 三等航海士の…

悪いことだとは思わないよ

最近は、夜中に夢を見ていることが多い。 日頃は全く考えてもいない怖い夢だ。 それはそれは恐ろしくて 耐えられないこともある。 最近は決してストレスが多いわけでもなく、変わりない。 昔の出来事が混入されているので、なんらかの記憶の整理をしているだ…

ふと思いました

外はとても寒い。 でも、また そのうち暖かくなるし、もっと景色も変わってくる。 新緑が映えてくる頃の あのワクワクは、毎年変わらない。 最近は、自分の存在やバックボーンを改めて認識する。 全然わるくない。 私には足りないところ、足りているところ、…

いつも拝見しております

日々 私が通うフィットネス・クラブ「港町の井戸端クラブ」には、Mr.タイツマン と言うナンバー1個性派名物トレーニー が出没する。 ビシッとした体型を維持したオッチャンで、薄々タイツにTバックなのでオケツ丸見え、毎度 ド派手なタンクトップで、オケツ…

ふと思ったこと

私は ツイッターをやったことがない。 インスタグラムとかも興味が無いので やっていない。 でも、何か つぶやいてみたくなった。 あぁ、レディ.これ見よがし が可愛い。 とりあえず、大事にしてみようかな。

Mr.エノキだけチキンハートマン

日々 私が通っているフィットネス・クラブ「港町の井戸端クラブ」には 大勢の個性派トレーニーが港町の各方面から出没する。 常連の皆さん、とくに シニア層は それぞれにお元気そうだ。 年輩のオッチャン Mr.ブレービー も、老後の健康と気分転換のために通…