解放の時 ~回転ドアの向こう側に~

未熟者が日常のできごとを書いています。内容によっては、少しでも社会が良くなれば、という思いも込めています。大した人間ではないので大したことは書けません。暇潰しに寄っていただければ。

職場シリーズ

記録的な…

九州南部の記録的な大雨情報が 大いに気になるところ であるのだが、そのあたりのことは 別で 独り言したいと思う。 私の職場では、記録的な退職ラッシュが続いている。 決して定着率の良いとは言えない職場であるが、この度の退職ラッシュについては、長年 …

体調管理について

少なからず 「体調管理が できている」「体調管理が できていない」といった言葉を耳にすることがある。 先日、私の職場の とあるアラフォーの女性は、病欠した同僚のことを 「体調管理が できていない」と上司に話していたときに、私は その言葉を不快に感…

確認に至らず、、。

今日の仕事も、 毎度の1人でやる量ではありません、という忙しさでしたが、なんとか無事に、 職場という名の幽霊船での作業を終え 下船できました。 と言いたいところですが、所用のため、 苦手な東京駅近郊まで 少し足を伸ばさないといけなくなりました。 …

あきらめ。

私は、職場で、少し前に かなり体調を崩して しばらく一週間ほど休まざるを得なかったときがあった。 皆さん 温かく迎えてくれて、人によっては わざわざ私の現場に顔を見に来ようとしてくれていた人もいるぐらいで、とても ありがたく感じた。 その一方で …

職場で目の敵にされる人って。

先日、私の職場のアラサーの男性が、なにやら私が見たこともない不穏な表情で、現場に入ってきた。 すぐに不機嫌な暗黒モードに入っていることが分かった。 ほかの従業員から、彼は気分の波がある、と聞いたことがある。 聞くところによると、 彼は 同じ現場…

超人

今日は 職場において、私の中で とても良い意味で進展があった。 もう少し早く 実行すればよかったな、と思わされた。 私が プライベートで懇意にしている年配の名士にも相談したら、賛同していただき、とにもかくにも良かった。 ふいに体調が悪いときなんて…

普通のふり?

私の職場の とある現場に、還暦のベテランのオッチャンがいて、先日 少し雑談をする機会があった。 そのオッチャンは、私に対して 「自分(私のこと)が この職種で 一番マトモと思われているらしいよ」と言ってきた。 そのあとの一言だ。 「普通のふり をして…

立て続けに退職者

私の職場では、入社1年目の若い正社員である女性二人が、申し合わせたかのように 立て続けに退職していった。 退職の理由については、私には知る由もないが、ゴールデンウィーク前から少しずつ姿を見なくなっていたし、表情も曇っていたので、これは辞める…

面倒くさい若者と。

今日は日曜日であるが、私の場合は出勤だ。 今日の予定としては、さほど忙しくはない日であるが、作業パートナーが 苦手な若者だ。 二十歳そこそこの、妙にプライドが高く、鼻につく メガネ君だ。 思ったとおり、先日 ベテランの女性から 態度を怒られたよう…

仕事への意識

世の中には いわゆる仕事人間は大勢いるだろう。 1にも、2にも仕事で、仕事や会社が優先の人だ。 それは、正社員であったり、管理職であったり、その仕事が好きだったり、好きが高じて こだわりが強かったり、やりがいを感じたり、といった場合だ。 しかし…

3K

私の仕事は ブルーカラーであり、いわゆる3Kの仕事に かぎりなく近い。 たしかにキツイし、汚いし、危険というほとではないが、場面によっては危険も伴う。 私は この仕事をしていて思う。 あくまで 私の主観であるが、ありきたりで平凡な言葉を用いると、…

社会性

私の職場に、新人の若い男性がいる。 彼は、ある部分において 少し障がい を抱えているのだが、見た感じや、パッと接したところでは ほとんど分からない。 一見したところ、むしろ知的な印象を受ける青年だし、実際に なかなか頭も切れる感じだし、物覚えも…

どぎつく怒鳴る女性

私の職場の、とある担当の部屋に、男性1人、女性1人 が在室している。 女性の方は、超潔癖症で なおかつ挨拶しても話しかけても 完全無視するアラフォーの人で、他部署の人からも 個性が強すぎと 怖がられている人だ。 おそらく人格に問題があるような女性…

幽霊船の休憩室

いつものごとく、恐る恐る、しかしながら、いざとなれば平常心を保ちながらクールに、 職場という名の幽霊船に乗船し、幽霊船員たちと作業を共にした。 私は 休憩時間には、休憩専用の船室は使用しないことにしている。 居心地が悪いからだ。 これは昔からだ…

敬う気持ち

私が これまで 職場で働いてきて、そして見てきて、最も不快に感じ、これだけは我慢できない 、ということが たった1つだけある。 それは、相手が年上であっても、職場に後から入職してきた人は「後輩」であるという理由で、軽んじた言動を発する人である。…

これは したくない女子

世間の職場も、そうであると思うが、私の職場にも それぞれ異なるセクションがあり、大勢の人が働いている。 私が働いている職場は、職種柄、あまりキレイでない業務がある。 この業務には専属の人がいる一方で、普段は担当が異なっていても、セクションによ…

今日は昼で下船

今日も職場という名の幽霊船に昼まで乗船。 相変わらず 居心地の悪い空間であった。 今日も船員たちが 我が物顔で のさばっていた。 その狡猾さが見苦しい。 疑心暗鬼と敵意が うずまき、そして排他的なムラ社会である。 私は職場の人間関係においては、 そ…

ベテラン男性の一言。

私が今の職場に来て、実習を行った際は、年配の女性に指導していただいた。 初日に、その姿を傍らから見ていた とあるベテランの男性は、普段は 滅多に話さない寡黙な人だが、のちに、「(オバチャンから指導を仰ぐなんて) よくガマンしたなぁ」 と、この時ば…

職場の離婚率から考えさせられたこと。

私の、現在の職場での離婚率は かなり高い。 前の職場でも、離婚経験者が とても多かった。 離婚の理由は、それぞれに異なるであろうが、結婚生活とは、破綻か、それに近い状態に向かっていくものなんだ、ということを、そして 近年では、離婚率は3割と言わ…

タメ口の人。

私の職場はタメ口率が高い。 それぞれの職場が作る風土というものがあるとは思うし、職場で共に過ごした時間、人柄、プライベートでの付き合いの有無など、様々な状況があるとは思う。 しかし、いつも気になる と言うか、私個人としては かなり馴染めないこ…

毎日 なんとか。

いつも職場への足取りは重い。 出勤前の夜なんて、布団の中で、職場のことをかんがえると 「あー 行きたくない、行きたくない」なんて、独り言が出るときも。 昨日なんて 従業員入り口に入るときは、「あー、しんど」と独り言。 そして、ため息。 それでも、…

【続】媚びる女子

今日も、媚びる女子が、中年の男性らに媚びていた。 日に日に、その姿が目立ってきているように思う。 エスカレートしているように感じる、 返事の仕方1つとっても、いちいち聞き苦しい。 この入社1、2年目の女子は、お姉さんやオバチャン連中に嫌われて…

媚びる女子

私の職場にも、毎年 新入社員が入ってくる。 中でも、まだ入社して1、2年の新人女子2人と 一緒に仕事をする機会がある。 どちらも、見てくれは、それぞれに とても可愛らしくキレイな子たちだ。 さぞかし男性受けは いいと思う。 ちなみに 熟女好きの私は…

一人でこなす作業量ではない。

昨日の仕事、最初のうちは、ボチボチの作業量であったが、そのうちに思いのほか忙しくなり、心の中で「やっぱり いつものこれかよ…こんなもん一人でこなす作業量ではないわ!」と、一瞬 イラッとしたのを微妙に抑えることができず、抑えないと!と思い、 そ…

完全無視の人

皆さんの職場にも いるかもしれないが、私の職場には ビックリさせられる人がいる。 かなーり カチンと 頭にくる人がいる。 こんな人間もいるんだなぁ、という人がいる。 事務方の とある女性は、業務上、普段は 私と全く接点がない。 今後も おそらくないだ…

キツい人

私の職場は、比較的 女性が多い職場だ。 そして、どの職場でも そうだと思うが、 女性同士 一見仲良くしているように見えて、実は ものすごく嫌われている人間もいる。 私の職場にも、仕事こそ できるものの、人当たりが かなりキツい女性がいる。 ずいぶん…

職場で気を遣う新人さん

私の職場に、最近 新人さんが入ってきた。 そこそこの年齢の男性の人だ。 とても礼儀正しいし、腰が低く 控えめな人で、真面目に働いてくださっている。 ある時、同僚からこんな話をチラッと聞いた。 職場では先輩にあたる女性が、その新人の男性に 真顔で「…

職場更衣室のバイト学生たち

私の職場の更衣室はスペースが狭い。 アルバイト学生も沢山来ていて、ほかにも従業員が沢山いる。とくに私の帰るタイミングによっては、終えたあとの学生が 大勢 居座っている。 学生同士 いろいろ話したくなることがあるのは分かるし、私とか 人が入ってく…