解放の時 ~回転ドアの向こう側に~

未熟者が日常のできごとを書いています。内容によっては、少しでも社会が良くなれば、という思いも込めています。大した人間ではないので大したことは書けません。暇潰しに寄っていただければ。

久しぶりに会う

今日は いつも通っているスポーツジムとは別のジムに、久しぶりにビジター利用で行ってみた。

 

レーニングの内容や、その時の気分により、 たまに場所を変えている。

 

今日は、このジムの常連で、筋トレに熱心で とても気さくなオッチャンも来ている日である。

 

ジムに行くと、駐車場に オッチャンのモノらしき車が停めてあったので、「あっ、来てるな」と思ったら、やはり来ていた。

 

2ヶ月ぶりぐらいの再会。

相変わらず元気そうで、とても小柄ではあるが 精悍な体格をしている。

 

日焼けしているし、若々しい。

 

聞くところによると、外をウロウロしていたわけではなく、むしろ 積極的に肌を焼いたらしい 笑

 

なにやら、近所の公園で ビキニパンツ一丁になって、マットをひいて、その上に仰向けになっていたとか。

 

おいおい(・・;)))  大丈夫なのか?  変質者と間違われないのか? と思った。

 

まあ、オッチャンは良識のある人だし、疑われるような人物ではないので、そこらへんは なんとか?なっているのだろう。

 

オッチャンは、今日も ジムに来ている 別のオッチャンやオバチャンに、筋トレマシンの使い方や、トレーニング動作について、 ボランティア的アプローチをもってして アドバイスしていた。

 

この筋トレ熱心なオッチャンは、ほかのジム2ヶ所へ  ビジター利用で通っている。このジムと合わせて3ヶ所である。

気分も変わるそうで、それぞれで会える人もいるらしく、筋トレライフを楽しんでいるようだ。

 

とにかく元気そうで なによりだった。