解放の時 ~回転ドアの向こう側に~

未熟者が日常のできごとを書いています。内容によっては、少しでも社会が良くなれば、という思いも込めています。大した人間ではないので大したことは書けません。暇潰しに寄っていただければ。

職場で目の敵にされる人って。

先日、私の職場のアラサーの男性が、なにやら私が見たこともない不穏な表情で、現場に入ってきた。

 

すぐに不機嫌な暗黒モードに入っていることが分かった。

 

ほかの従業員から、彼は気分の波がある、と聞いたことがある。

 

聞くところによると、 彼は 同じ現場のマダム二人から、 とある事で 自分のせいにされた、とのことだ。

 

実際のところの詳しいことは分からないが、ハッキリと言って どちらが悪いとは言い切れない。

 

彼も彼で、これまでも 時々、ワガママで自分優先、幼稚で乱暴な言動もあったりもするからだ。

 

本当に面倒くさい、と思いながらも、彼とは 入れ違いであったので良かったが、これからも 彼と関わらないといけない と考えると、憂鬱である。

 

今の職場の話ではないが、私の元お付き合いしていた女性に姉がいて、その姉が人間的にモンスターな人であった。

残念なことではあったが、私が人生で出会った女性の中でもワースト3人に入る人物であった。

現に、この人は 本人の家族からも敬遠される人物である。

 

この人は、昔、 一時 パートタイムの仕事をしようと試みたが、職場に入るやいなや、同僚から 粗相に対応されたそうで、すぐに辞めたそうだが、 私から言わせれば、そりゃそうなるだろうな、と思った。

 

人は、コミュニケーション能力、その人の表情や雰囲気、話し方、態度、あらゆることを相手に印象として与える。

それも最初の時点で、 わりと根強く印象に残る。

 

私は これらの人々から 反面教師として学んでいる。