解放の時 ~回転ドアの向こう側に~

未熟者が日常のできごとを書いています。内容によっては、少しでも社会が良くなれば、という思いも込めています。大した人間ではないので大したことは書けません。暇潰しに寄っていただければ。

格言

昔の人が その人生経験から、格言と呼ばれる言葉を沢山残している。

誰もが聞いたことがあるものも多い。

 

その中で、「働かざる者は食うべからず」 というものがある。

 

私は 格言には 特に関心は無い。

 

しかし、先日 YouTube を視聴していたときのこと。

日頃は 関心が無いジャンルではあるが、狩猟を行う青年の動画 を視聴していた中で、この動画のクールな?青年が  何かのタイミングで  「働かざる者は食うべからず」  と言った。

 

それを聞いて、個人的には 少し不快であった。

 

もちろん、基本的には その通りであるのだが、世の中には 身体面や、メンタル面、知的な面で、他人には分かりにくい困難を抱えている人が大勢いる。

働きたくても 思うようにいかない人も大勢いるからだ。

 

また、この「働かざる者は食うべからず」 という言葉は、ある意味 優生思想に繋がるものではないか?と 怪訝に感じた。

私は、普段は  こんなことを滅多に感じることはないが、この青年がキッパリとした口調で言ったのを聞いたときは、それを すごく感じた。

 

この青年に、なにか特定の考えがあった上での発言をしたわけではないとは思うし、一般的な格言ではあるもの、個人的には  今の時代にあって、この格言は あまり安易に使用するのは避けるべきものの1つなのではないかな?

と思った。

 

ちなみに、この青年の動画そのものは なかなか興味深いし、考えさせられる内容であったし、今後は 視聴こそしないが 勉強になった。